PhytosocWEB-Jについて
About PhytosocWEB-J



日本植生体系ウェブサービス
(Phytosociological system Webservice-Japan)

Phytosoc.WEB-Jは、植物社会学の教育・普及とその実社会での応用を支援するものとして、公益財団法人地球環境戦略研究機関 国際生態学センターがとりまとめた無償の公開サービスです。
このデータサービスでは、既存の植物社会学的研究成果に基づいた日本の主要な植物群落(群集)とその類型学的上級単位(クラス、オーダー、群団)に関する和名・学名・著者・記載年が閲覧できます。
植生単位名および体系は、宮脇・奥田・藤原編(1994)「改訂新版日本植生便覧」(p. 93-122,至文堂)に準拠しています。今後の最新の研究成果を反映しながら順次更新してゆく予定です。
本ウェブサービスの作成にあたっては、横浜国立大学名誉教授・奥田重俊博士、神奈川県立生命の星・地球博物館学芸員・田中徳久氏にご協力いただきました。また、本ウェブサービスの企画立ち上げに際しては女子美術大学・学生スタッフのみなさんにお世話になりました。ここに記して御礼申し上げます。
本ウェブサービスに関するお問い合わせは、IGES-国際生態学センター研究員・矢ヶ崎までお願い致します。


Phytosoc. WEB-J is a vegetation unit database operated by the Institute for Global Environmental Strategies, Japanese Center for International Studies in Ecology (IGES-JISE). It is an on-line web service for the dissemination of vegetation information based on the phytosociological research in Japan. The nomenclature of vegetation units and their classification system is based on the Handbook of Japanese Vegetation -new revised edition (Miyawaki, Okuda & Fujiwara eds., 1994). In this website, you will be able to explore major phytosociological vegetation units, their Japanese names, scientific names, authors and description years in accordance with up-to-date Japanese phytosociological system. We would like to give special thanks to Dr. S. Okuda, a professor emeritus at Yokohama National University, Mr. N. Tanaka, senior researcher of Kanagawa Prefectural Museum of Natural History and student staff of Joshibi University of Art & Design for their cooperation.